男性看護師

圧倒的に女性が多い看護師という職業に対し、なりたいと希望する男性が増えています。看護師不足が全国的に深刻なため、今後は男性の看護師に対する求人も増えていくと期待できます。

男性看護師

2002年に看護師という名称に変更されるまで、女性の看護師は「看護婦」、男性は「看護士」と呼ばれていましたが、10年ほど経った現在はその名称が定着しており、単に「看護師」と書いてあるだけでは男性か、女性か判別できなくなっています。

圧倒的に女性で占められている看護師という職業ですが、寝たきりの高齢者や体が不自由で車いすを使う高齢者が増加しており、体格で勝る男性の方がサポートしやすいこと、事務の合理化で事務職の求人が減っているため、専門的な知識と資格が必要な職業に就いた方が景気に左右されないという理由から、看護師になりたいと希望する男性が増加しています。

男性看護師の数はまだ圧倒的に少なく、特に地方では皆無という病院も多いのですが、今では病院の他、介護施設などでも全国的に看護師不足が深刻になっているので、性別問わず、看護師に対する求人は今後もずっと続くでしょう。

女性が男性の医師や看護師に対して体を見せるのは恥ずかしいと感じるのと同様、男性も看護師相手とはいえ女性に患部を見せるのは抵抗があるので、個々の患者が希望するのは男性看護師か、あるいは女性看護師なのかを遠慮せずに選び、治療に専念できるよう、男性看護師の数も増えていくことを期待したいと思います。